トップ 新規 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

categoryfunction.getdatafromobject

掲示板(停止中) | About | Reference | Lyceum(スクリプト入門) | Resources | Contributors | LexiconJP-OLD | NWN Builders

Get Data from Object Function Category

オブジェクトからデータを得る関数

Functions

NameBrief Description
CreatePersonalItemOn提供されたNPC上に個人アイテムを作成します。
EndModule現在のモジュールが、最後のモジュールであるかどうかを決定するために使用されます。
GetAreaOfEffectCreatorエフェクトエリアオブジェクトの作成者を得ます。
GetBaseItemType指定されたアイテムの基本テンプレートを決定します。
GetCurrentHitPointsある者が現在持っているヒットポイントの値を決定します。
GetFacingFromLocationlocation変数から向いている方向の値を得ます。
GetFirstItemPropertyアイテムの最初のアイテムプロパティを得ます。
GetIsAreaAboveGroundエリアが地上かどうか調べます。
GetIsAreaNaturalエリアが自然かどうかを調べます。
GetIsInSubAreaChecks if a creature has triggered an OnEnter event
GetIsObjectValidオブジェクトが有効かどうかを調べます。
GetIsOpen配置用オブジェクト、またはドアが現在開いているかどうかを調べます。
GetIsTrappedオブジェクトに罠が仕掛けられているかどうかを調べます。
GetIsWeaponEffectiveスクリプトの所有者が装備している武器が、与えられたオブジェクトにダメージを与えることができるかどうかを調べます。
GetItemACValueアイテムのアーマークラス(AC)を得ます。
GetItemAppearance?Returns the appearance of an item
GetItemCharges与えられたアイテムの残りの使用回数を取り出します。
GetItemCursedFlagアイテムが呪われているかどうか調べます。
GetItemHasItemPropertyアイテムが与えられたプロパティを持っているかどうかを調べます。
GetItemStackSizeスタックしているアイテムのスタック数を調べます。
GetLastAttacker攻撃されたばかりのクリーチャー、扉または配置用オブジェクトを得ます。
GetLastHostileActorobjectに対し最後に敵対行為を実行した、プロットクリーチャーではない生存者を得ます。
GetLastLocked関数を呼び出す者に最後に鍵をかけたオブジェクトを得ます。
GetLastOpenedBy関数を呼び出す者を最後に開けたクリーチャーを得ます。
GetLastSpellHarmfulDetermines whether the last spell cast was harmful.
GetLastUnlocked誰がオブジェクトや配置用オブジェクトの鍵を開けたかを決定します。
GetLastUsedByこの関数を呼び出す配置用オブジェクトを最後に使用したオブジェクトを得ます。
GetLocalFloatオブジェクトに保存された浮動小数値を得る
GetLocalIntオブジェクトに保存されているint変数の値を調べます。
GetLocalLocationオブジェクトに保存されているlocation変数のローカル変数の値を返す
GetLocalObjectオブジェクトに保存されているobject変数の値を返す
GetLocalStringオブジェクトに保存されたstring型の文字列を得る
GetLockedオブジェクトが施錠されているかどうかを調べます。
GetLockKeyRequiredオブジェクトを開錠するために固有の鍵が必要かどうかをチェックする。
GetLockKeyTag施錠を開くための鍵のタグを調べます。
GetLockLockableオブジェクトが施錠可能かどうかを調べます。
GetLockLockDC施錠に必要なDCを調べる。
GetLockUnlockDC開錠に必要なDCを調べます。
GetNameオブジェクト名を取り出します。
GetNearestObject選択された対象に対して、与えられた基準にマッチする最も近いオブジェクトを得ます。
GetNearestObjectByTagRオブジェクトのタグ値を調べることによって、対象に対して最も近いオブジェクトを返します。
GetNearestObjectToLocation与えられたロケーションに対して、指定されたタイプで最も近いオブジェクトを返します。
GetNextItemPropertyアイテムの次のアイテムプロパティを得ます。
GetObjectByTag与えられたタグに基づきオブジェクトを取り出します。
GetObjectTypeオブジェクトが何のタイプであるかを決定します。
GetPercentageHPLossクリーチャーが彼らのHPの最大値に対して、どれ位のパーセンテージで負傷しているかを決定します。
GetPlotFlagオブジェクトがプロットアイテムとしてフラグ付けされているかどうかを調べます。
GetPositionクリーチャーやオブジェクトのポジションを得ます。
GetResRefオブジェクトのResRefを返します。
GetSittingCreature特定のオブジェクトにどのクリーチャーが座っているかを調べます。
GetTagobjectのタグを取得します
GetTileMainLight1Colorタイルの主照明1の色を調べます。
GetTransitionTarget移動先となる対象を得ます。
GetUseableFlag配置用オブジェクトが使用可能かどうかを調べます。
GetWeaponRanged与えられたアイテムが遠距離用武器であるかどうかを調べます。
GetWeather指定エリアの天候状態を得ます。
GetWeight個々のアイテムの重量もしくは、単一のクリーチャーによって運ばれている全てのオブジェクトの重量を調べます。
IPGetHasItemPropertyByConstアイテムがあるアイテムプロパティを持っているかどうかを返します。
IPGetHasItemPropertyOnCharacterキャラクターが特定のアイテムプロパティを有しているアイテムを持っているかどうかを返します。
IPGetHasUseLimitationアイテムに何らかの使用制限があるかどうかを返します。
IPGetIsBludgeoningWeaponChecks if an item is a bludgeoning weapon.
IPGetIsIntelligentWeaponReturns whether an item has the intelligen itemproperty.
IPGetIsItemEquipableChecks if an item can be equipped.
IPGetIsMeleeWeaponChecks if an item is a melee weapon.
IPGetIsProjectileアイテムが発射タイプの武器であるかどうかを調べます。
IPGetIsRangedWeaponChecks if an item is a ranged weapon.
IPGetItemHasItemOnHitPropertySubTypeChecks if an item has a specified onhit subtype itemproperty.
IPGetItemHasPropertyChecks if an item has a matchine itemproperty.
IPGetNextArmorAppearanceTypeReturns the next valid appearance type for an armor.
IPGetNumberOfAppearancesReturns the number of armor part variations for the specified part.
IPGetNumberOfItemPropertiesアイテムに存在するアイテムプロパティの数を返します。
IPGetPrevArmorAppearanceTypeReturns the armor's previous valid appearance type for the specified part.
IPGetWeaponEnhancementBonusReturns a weapon's enhancement bonus.
IsMiscアイテムの基本タイプがある基本タイプの中の一つであれば、trueを返します。
IsValidBaseItemベースアイテムタイプがアレイ内の物と一致するか、またアイテムが魔法の道具かどうかについて見るために調べます。
PlayerWearsUniformPCがある特定の服を装備しているかどうかを調べます。
SetIdentifiedオブジェクトが識別されているかどうかを設定します。

See Also

Function Categories